事業案内

工業用脱臭装置

環境空間の創造

 公害苦情のワースト3に挙げられている悪臭は、その問題解決のなかでも最も困難なひとつとされています。
 悪臭処理にはさまざまな方式、技術開発がすすめられております。
 1973年、当社は触媒を用い比較的低温で活性、酸化処理が可能な触媒酸化式脱臭装置を業界に先駆けて開発、現在国内納入実績No.1を誇っています。
 2000年、さらに省エネを追求した蓄熱燃焼式脱臭装置を開発しました。この装置は熱回収率95%を実現し、従来型と比較してランニングコストとCO2の大幅な削減を可能としました。
 その他ラインナップとして直接燃焼式脱臭装置、濃縮燃焼式脱臭装置など状況に応じた方式であらゆる悪臭にチャレンジしています。